時事用語時事問題 > > 統一省エネラベル

統一省エネラベル

統一省エネラベルとは、省エネ性能の位置づけを表示したラベルのこと。
2006年に施行された、エネルギーの使用の合理化に関する法律(改正省エネ法)で、エネルギーを消費する家電製品等を販売している小売店(家電販売店等)は、エアコン、テレビ、冷蔵庫の3機器を対象として製品の省エネ性能を情報提供することが定められ、統一省エネラベルの貼付を開始された。
統一省エネラベルには、ノンフロン、ラベル作成年度、省エネの性能を5つ星から1つ星で多段階評価した星の数、メーカ名、機種名、年間のエネルギー消費効率、省エネ性マーク、省エネ基準達成率、目標年度が記載されている。星の多段階評価は、トップランナー基準が改正された場合はこれも見直しが行われる。



« エコポイント | 時事用語時事問題を楽しくマスター | エコ・アクション・ポイント »



■好評の無料メールセミナーはこちら