時事用語時事問題 > 会計> キャピタルゲイン

キャピタルゲイン

購入した株式等の値上がりによる売買益。譲渡益、資本利得。

有価証券、土地等の資産の価格変動に伴って生じる売買差益のこと。
株式、土地等の資産の価格変動に伴う利益をいいます。

逆に、資産売却により、損失となった場合はキャピタル・ロスと呼び、 利子・配当等のインカムゲインと対比されます。

税金は「申告分離課税」によって回収され、売却利益の10%(2008年以降は20%)を支払う必要があります。

なお、申告分離課税の制度では自分で税務署に申告をする必要がありますが、証券会社の「特定口座」の「源泉徴収あり」の制度を利用すれば、自分で申告しなくても、証券会社が代わりに申告してくれるようです。



« 会計監査人 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ストックオプション »



■好評の無料メールセミナーはこちら