時事用語時事問題 > 会計> ストックオプション

ストックオプション

ストックオプション制度とは一種の報酬制度で、会社が従業員や取締役に対して、一定の価格で自社株を取得できる権利をあたえ、
将来的に株価が上昇したらその権利を行使して会社の株式を取得し、売却することにより、株価上昇分の報酬が得られるようにするものです。

職員は報酬の増加をめざし、株価が上昇するように業績を伸ばす努力をします。
また、結果として、業績向上が株価上昇につながれば株主にも利益をもたらす制度とも言えます。



« キャピタルゲイン | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 経済成長率 »



■好評の無料メールセミナーはこちら