時事用語時事問題 > 会計> マネーロンダリング

マネーロンダリング

【マネーロンダリング】
犯罪行為によって得られた資金の出所などを隠蔽する行為

麻薬や覚醒剤などの規制薬物取引、盗品などの取引、脱税、粉飾決算などによって得られた収益金を、捜査機関による差押え・摘発を受けることを逃れたり、新たな犯罪の資金源として利用するためにマネーロンダリングが行われます。

方法としては、
架空名義の金融機関口座などを利用して転々と送金を繰り返したり、
または会社の債券や株式の購入、
その他合法的な財産と混和させるなどの方法が採られる。

今年、現金でのATM振り込み限度額が10万円に引き下げられましたが、マネーロンダリング対策を強化する意味も含まれています。



« 課徴金 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | LNG »



■好評の無料メールセミナーはこちら