時事用語時事問題 > 会計> 三角合併

三角合併

【三角合併】さんかくがっぺい


会社の吸収合併を行う際に、「存続会社の親会社の株式を交付すること」によって行う合併をいう。

一般的な吸収合併では、存続会社が子会社の場合、子会社の株主が増えてしまうことになります。

一方で、三角合併の場合、存続会社が子会社であっても、存続会社の親会社の株主が増加するように合併することができます。

この仕組みを使うことで、外国会社が日本に株式100%子会社を設置して三角合併を仕掛け、買収後も日本の既存会社を100%子会社として保持する仕組みが可能となります。

三角合併によって、日本企業に対する外国資本による買収を増加させることや、買収防衛策のために株主優先になり、給与等の伸びの鈍化などが懸念材料になっています。



« ジェネリック医薬品 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 赤ちゃんポスト »



■好評の無料メールセミナーはこちら