時事用語時事問題 > 会計> 上場廃止

上場廃止

【上場廃止】じょうじょうはいし
株式上場廃止基準に基づき、株式の取引を止めること。

上場している会社の株式(株券)の売買高や株主数が著しく減少したり、破産や銀行取引停止などいわゆる倒産の状態となったり、各取引所が規定する「株券上場廃止基準」に該当した場合には、その株式(株券)は上場廃止となります。

上場廃止基準には、財務諸表等の虚偽記載も含まれます。
これがライブドアが上場廃止になった理由ですね。

上場廃止になった場合、株式は、証券取引所での売買はできないのですが、証券会社を始め、買いたいと言う人がいれば、売ることが出来ます。

とりあえず、上場廃止になったから、株式の価値が消滅するというわけではないのですね。



« 公定歩合 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 監査法人 »



■好評の無料メールセミナーはこちら