時事用語時事問題 > 会計> 与信管理

与信管理

「与信」とは、取引相手に信用を与えることを言います。
後でお金を受け取る「売掛金」や「受取手形」を使う場合に「与信」が発生し、お金が入るまでの「売掛金」や「受取手形」などの「売上債権」を管理することが、
もともとの「与信管理」となります。

それを行うためには、各取引先が安全なのか(あるいは、危険なのか)といった「信用評価」を行い、その上で販売していいのかどうかの「取引可否」を判断し、
いくらまでの売上債権を認めるかの「与信限度額」を設定します。

その上で、「売上債権」と「与信限度額」を比較して、「売上債権」が超過している場合等では、各種対応を行います。
この業務の流れが、一般的な「与信管理」となります。

取引先が倒産するリスクを把握します。また予想される損失額の削減を行うことが可能です。以上のことから 「与信管理」を行うことによって、経営をより安全なものにすることができます。
また、取引先一社ごとへの拡販の可能な度合いを把握することができるため、会社全体では売上拡大へ繋がるケースもあります。



« 格付け機関 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | iPhone »



■好評の無料メールセミナーはこちら