時事用語時事問題 > 会計> 会計監査人

会計監査人

会計監査人とは、株式会社における機関のひとつであり、会社の計算書類などを監査することを主な職務・権限とします。
公認会計士または監査法人のみが就任することが出来ます。

過去の商法においては、会計監査人を会社の機関と考えることはありませんでしたが、
会社法においては「株主総会以外の機関」のひとつとして規定され、会計監査人に対する株主代表訴訟が可能となっています。

会社法の下では、どのような株式会社においても定款に定めることにより設置することが出来ます。
ただし会計監査人を設ける場合は、監査役も必ず設けなければなりません。大会社である場合は必ず設けなければならないのです。

監査人の仕事は計算書類(およびその附属明細書)を監査します。事業報告(およびその附属明細書)については監査義務はありません。
こうして監査を受けた計算書類が取締役会の承認を受け、さらに所定の要件を満たす場合には、計算書類は株主総会では「承認」は不要となり「報告」をするだけとなります。



« キャッシュフロー | 時事用語時事問題を楽しくマスター | キャピタルゲイン »



■好評の無料メールセミナーはこちら