時事用語時事問題 > 会計> 先物取引

先物取引

商品先物取引とは、原則的には取引期間の終了時点で現物を売買する権利を取引しますが、取引期間内は反対売買で差損益を得ることもできます。
というかそもそも、先物取引は買っていた銘柄を売らなくてはいけない期日、また売っていた銘柄を買わなくてはいけない期日が決まっています。
したがって当事者は期日までに売買をします。そういった行為を反対売買といい、この中で差益を得ることができます。

現在は 、反対売買で差金を得ることが商品先物の主流となっているようです。

先物取引の利点に挙げられるのが、リスクヘッジができる、不当な価格操作が難しく公正な取引が可能、小額での取引が可能、
以上の3点です。詳しくは、

1)現物を扱う場合に大きな価格変動で損害を出さないように、前もって商品先物取引で売買契約をします。そのことでリスクヘッジが出来ます。
2)流通総量が現物市場+先物市場となり増加するので、買占めなどの不当な価格操作が難しくなります。
3)取引期間内は担保金=取引証拠金での取引となり、実際に現物を運用するよりも小額の資金で取引できます。

また、この場合は現物の保管や輸送を考える必要もありません。
投下資金に対する損益の額が大きくなることがありますので取引に関しては十分な市場への理解と分析が必要です。



« 経済成長率 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | コージェネレーションシステム »



■好評の無料メールセミナーはこちら