時事用語時事問題 > 会計> 有価証券報告書

有価証券報告書

【有価証券報告書】ゆうかしょうけんほうこくしょ
上場企業など、株式がたくさん流通するような会社が、証券取引法にしたがって年に一度開示する決算情報。投資の重要資料である。

トヨタや日立、東芝、ソニーなど、日本で有名な会社の株式の多くは、東京証券取引所、マザーズその他の株式市場で、公正に売買されています。

そのときに、市場に参加する売り手と買い手の間で、その株式の価値を判断するために利用する重要情報が、有価証券報告書です。

これは、証券取引法という法律で厳しく作成方法が規定されています。

この法律に反して、虚偽の記載などをした場合、これによって投資家が損害をこうむったような時には、最悪、損害賠償責任が発生することもあるのです。

最近の例では、西武鉄道の株主情報の虚偽記載が、大きな問題になり、個人投資家による損害賠償請求にまで発展しました。

それくらい、有価証券報告書の記載は正確さを要求されているのです。なお、数年前までは、有価証券報告書は紙媒体でしたが、現在では、EDINETというサイトで、全上場企業の有価証券報告書を見る事ができます。(多くの会社では、ホームページでも決算情報を見れます。)

ヤフーで、EDINETと検索してみてください。
あなたの知っている有名企業の有価証券報告書が閲覧できますよ。



« 社会的入院 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | Google »



■好評の無料メールセミナーはこちら