時事用語時事問題 > 会計> 有限責任事業組合

有限責任事業組合

■有限責任事業組合(LLP)とは何か

1.LLPは、株式会社や有限会社などと並ぶ、「有限責任事業組合」という新たな事業体です。

2.具体的には、

①構成員全員が有限責任で、

②損益や権限の分配が自由に決めることができるなど内部自治が徹底し、

③構成員課税の適用を受ける

という3つの特徴を兼ね備えています。
海外の類似の事業体であるLimited Liability Partnership(リミテッド・ライアビリティ・パートナーシップ)と同様、通称でLLPと称されています。

3.この有限責任、内部自治、構成員課税の3つの効果によって、さまざまな事業体の共同が促されるでしょう!このため、構成員全員が無限責任の民法組合の特例として制度化されました。



« 親会社・子会社 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | UEFA チャンピオンズリーグ »



■好評の無料メールセミナーはこちら