時事用語時事問題 > 会計> 格付け機関

格付け機関

企業に発行した債券の安全性を示す為に、各企業の決算資料・独自の調査をもとに格付けを発表する機関の事です。

債券を発行した企業は、資金を調達した後に元利金の支払いの約束をしていますが、
発行企業自体が倒産すると、元利金の支払いが不可能になってしまいます。
(このような状況に陥る事を「債務不履行(デフォルト)」と言います)

格付け機関は、債券の元利金に対して、支払いの確実性を特定の記号で表し、債券投資を行う投資家の投資判断の材料になる事を目的に活動しています。
金融庁の指定格付け機関は、日本格付け投資情報センター、スタンダード社、ムーディーズ社、等5社あります。

格付機関は、発行体の依頼を受け報酬をもらいながら精緻に格付評価を行う場合と、
そのような依頼がないにも関わらず公表情報だけを用いて勝手に格付けを行う場合(勝手格付け)があります。



« オフショア市場 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 与信管理 »



■好評の無料メールセミナーはこちら