時事用語時事問題 > 会計> 電子会計実務検定

電子会計実務検定

電子会計実務検定とは、主に中小企業でパソコンソフト等を使った経理・会計に対応できる人材育成と、中小企業の会計指針普及・定着を目定期として創設された資格試験のこと。
日本商工会議所と各地の商工会議所が行っている。
初級、中級、上級があり、いずれも100点満点中70点で合格となる。
実際の企業現場では、パソコン会計ソフト等を実務が行われているが、この業務を行うには、簿記会計の知識に加えて、会計ソフトの扱いとそこから得られた会計データの活用・分析能力等が求めらる。これに加え、電子申告・納税、帳簿・証憑書類の電子保存など、ネット社会に対応した会計実務の知識・スキルも必要とされる。これらを踏まえて、試験は簿記会計の知識・理論を習得していることを前提として、実際の会計ソフトを用いて問題を解く形式がとられている。



« ハクビシン | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 核燃料バンク »



■好評の無料メールセミナーはこちら