時事用語時事問題 > 会計> LLP

LLP

【LLP】LimitedLiabilityPartnership
日本語では、「有限責任事業組合」と呼ぶ。
民法の任意組合(法人税の納税義務なし・柔軟な利益分配)と株式会社(出資者の責任は、出資額までの有限責任)の両者の長所を持った事業組織として、次期通常国会での可決が目指されている。


事業の意欲が旺盛な個人やベンチャーの事業化に立ちふさがる大きな壁として、株式会社設立のための資金調達や手続の煩雑さがありました。
また、個人企業として事業を始める場合、その事業で負債を負うと、無制限に、その事業のオーナーに責任がかぶさってきます。

無限責任による事業運営で、非常に危機感を感じている形態として、監査法人や法律事務所などもあげられます。
時に、重い責任がかかるので、事業運営に消極的にならざるを得ない場面も出てきます。

今般注目されるLLP制度の特色は、株式会社制度の特徴である「有限責任」と、任意組合の特徴である「法人税が課されない。内部運営が株式会社よりも簡単で迅速である。」という両者の特徴を兼ね備えている点にあります。

ちなみに、身近な民法上の「任意組合」の例としては、マンションの管理組合などが、思い浮かびますね。

このLLP制度、もしかすると、日本でも大きく普及する可能性を秘めています。
今後の成り行きに注目しましょう。



« 自動車リサイクル法 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 決済用預金 »



■好評の無料メールセミナーはこちら