時事用語時事問題 > 会計> TOB

TOB

【TOB】てぃーおーびー
不特定多数の株主に対し、公告により株券の買い付け申し込みを行うこと

「TOB」とは、「take-overbid」の略で「株式公開買付け」などとも言う。
企業の経営権取得などを目的に、株の買い取りを希望する人が買い付け期間や、買い取り株数、価格を公表し、不特定多数の株主から買い取る方式を言います。

一定期間は、すこしプレミアをつけて株式を買いますと宣言するので、その人の元へ多くの株式が集まります。

これを使って企業への発言力を強めたり、経営権を握ったりする企業も出てきます。

現在、製紙業界で、王子製紙の北越製紙に対するTOBが話題になっています。
そこに、日本製紙グループ本社も加わり、北越株式の過半数取得に向けて、争いを繰り広げています。



« 防衛白書 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | バリュー投資 »



■好評の無料メールセミナーはこちら