時事用語時事問題 > 経済> エネルギー白書

エネルギー白書

毎年政府によって発行される。
エネルギー業界の動向を分析、わが国の方向性を提示。

これまでに日本で講じられてきたエネルギー政策、
及び民間における省エネなどの取組を、総合的にレビューしています。

また国際エネルギー市場でのこれまでの動向と近年の構造の変化、
地球温暖化問題を巡る動向、及び諸外国の対応を調査分析されています。

こういった調査、分析を踏まえて、日本におけるエネルギーを取り巻く様々な課題と
その解決に向けた戦略の基本的方向性を提示しています。


2007年5月25日の政府閣議において2006年度のエネルギー白書が決定。

-今回の白書の特徴-
今回はじめて「ポスト京都」の枠組みに触れ、
日本は省エネ技術を生かし問題解決に向けて主導権を発揮すべきだと提言しました。



« 登録商標 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 芥川賞 »



■好評の無料メールセミナーはこちら