時事用語時事問題 > 経済> オフセット・クレジット

オフセット・クレジット

オフセット・クレジット(J-VER Japan Verified Emission Reduction)とは、国内で行われる排出削減・吸収プロジェクトによる温室効果ガス排出削減・吸収量のうち一定基準を満たすものをオフセット・クレジット
(J-VER)として認証する仕組みのこと。
2008年11月に環境省が創設した。J-VERに求められる基準として次の3点がある。①確実な排出削減と吸収があること、②温室効果ガスの吸収の場合、その永続性が確保されていること、③同じ排出削減・吸収が複数のカーボンオフセットの取り組みに用いられていないこと。
今後、オフセット・クレジットの制度が整備され信頼性が確保できれば、社会への広がりと共に、オフセット・クレジットによる市場取引が活発になり、温室効果ガスの排出削減・吸収の促進に役立つと期待されている。



« マネジメント・アプローチ | 時事用語時事問題を楽しくマスター | DIP型会社更生法 »



■好評の無料メールセミナーはこちら