時事用語時事問題 > 経済> コマーシャルペーパー

コマーシャルペーパー

コマーシャルペーパーとは、信用力のある企業が発行する短期の約束手形のこと。CPと略されて使われることが多い。
発行目的は資金調達の為で、期間は1年未満、オープン市場で割引方式(金利分を額面から割り引いて販売する形)により無担保で発行される。金利はその会社の信用力に応じて自由に決めることができる自由金利の形をとっている。金融商品取引法上では、有価証券に該当するものとされている。金融機関、証券会社などが発行を引き受け、販売先は機関投資家に限定されている。
2009年1月に日本銀行は、企業の資金繰り支援のため金融機関が保有する企業コマーシャルペーパーの買い取りをに始めた。翌2月にはのCPの買い取りを期限を6ヶ月延長し、3月末から9月末とすることを決めた。



« 習熟度別少人数授業 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 名ばかり管理職 »



■好評の無料メールセミナーはこちら