時事用語時事問題 > 経済> サブプライムローン

サブプライムローン

サブプライムローンとは信用度の低い人でも借りられる高利のローンのことで、
住宅サブプライムローンのことで、このおかげで今まで住宅が買えなかった人でも、なんとか買えるようになりました。

ただアメリカでこの債権が不良債権化していることが問題となっています。
アメリカの不動産が上昇を続けていたために、サブプライムローンが発生するようになりました。
しかし、信用度の低い人への貸付ですから、もちろん返せなくなることがありますよね。
それでも、担保に取っていた不動産を処分すれば、金融機関は、金利を含めて債権回収が十分可能であり、おいしい商品であったからです。

ところが、最近、不動産の上昇が止まり、このシナリオが成立しなくなりました。
債権者がそのローンを返せなくなると、不動産を処分しても相当な貸し倒れが発生することになります。
しかも、サブプライムローンの中にはゆとり返済のように数年後、返済額が上がるものが多く、その時点で問題が表面化することも。

このサブプライムローンは、米国株相場が下落するたびに発生する問題です。



« 宇宙日本食 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 日本経済団体連合会 »



■好評の無料メールセミナーはこちら