時事用語時事問題 > 経済> スワップ取引

スワップ取引

スワップ取引とは、「受渡し期日が違うニ通貨、為替間の売りと買いを同時にする取引」をいいます。

つまりは・・・
市場には相場変動というリスクがあります。
それを回避し、効率的な資金調達、運用を行うために、
当事者の間での合意によって、異なる特定の対象物(金利、通貨等)を
あらかじめの契約に従って、交換しようとします。これをスワップ取引といいます。

代表的なものに、為替スワップ取引と金利スワップ取引があります。

営業譲渡



« フォワード取引 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 証券化 »



■好評の無料メールセミナーはこちら