時事用語時事問題 > 経済> ゼロ金利政策

ゼロ金利政策

1999年より、コール市場の金利を政策的にゼロ(又は、それに近い低金利)にした、日銀がとった金利政策のことです。

金融システムの不安・長期金利の上昇による景気の後退と物価の下落という悪循環(デフレスパイラル)を防ぐことを目的として実施されました。
日銀は、1999年3月に「短期金融市場の無担保コール翌日物金利」を史上最低の0.15%に引き下げました。
(この時の日銀の速水総裁は「翌日物金利はゼロでもよい」と公言した為、“ゼロ金利政策”と呼ばれる様になったそうです。)

2006年に景気の安定的回復に伴いゼロ金利政策は解除されましたが利上げはいまだ慎重に行われています。



« アジア通貨基金 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 外貨預金 »



■好評の無料メールセミナーはこちら