時事用語時事問題 > 経済> ゼロ金利

ゼロ金利

【ゼロ金利】ぜろきんり
短期金融市場の金利が政策的にゼロ、またはそれに近い金利にされていること

1999年3月に日銀は、短期金融市場の無担保コール翌日物金利を史上最低の0.15%に下げ、この時の日銀総裁、速水氏が「翌日物金利はゼロでもよい。」と発言したため、ゼロ金利政策と呼ばれました。

長期金利の上昇や金融制度の不安による、物価下落と景気後退の悪循環を防ぐことが目的で実施されました。


現在、日銀がゼロ金利政策を解除することが固まり、政府も解除容認の姿勢をとっています。

ゼロ金利解除によって金融政策が正常化し、政府が目指すデフレ脱却を印象付ける狙いもあるとの見方もあります。



« たばこ税 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | NGO »



■好評の無料メールセミナーはこちら