時事用語時事問題 > 経済> デイトレード

デイトレード

【デイトレード】でいとれーど
当日のうちに、買いと売りを完結する株式売買の手法のこと。

今は、株価が好調なので、ちょっとした株式投資ブームですね。
そんななかで、「デイトレで短期間のうちに稼ぐ!」のようなうたい文句の本が、増えてきました。
このデイトレは、いわゆるデイトレードの略で、一日のうちに、何回も売買を行って、分刻み、場合によっては秒刻みの利幅をとっていく売買手法なのです。

この手法のポイントは、次の2つです。
ステップ1.「その日のデイトレに適した銘柄の選定」
ステップ2.「実践での売り・買いの決断と実行力」

おおざっぱにノウハウを申しますと、上記のステップ1では、「ファンダメンタル(企業の財務情報、最近の動向など)」を分析します。
ここで、財務分析の力があると、心強いですね。
また、上記のステップ2では、テクニカル分析といって、移動平均線などの指標を用います。安く買って高く売るためのタイミングを知るのです。

デイトレで、1年のうちに1億円稼いだとか、いろいろと景気のいい話が出てきていますが、みんながみんな、そんな夢のような結果になるわけではないので、やはり慎重な検討も必要ですよね。



« 偽造キャッシュカード | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 会社四季報 »



■好評の無料メールセミナーはこちら