時事用語時事問題 > 経済> フェアトレード

フェアトレード

フェアトレード(公平貿易)とは、低賃金で現在の生活状況の向上を見込めないような途上国の生産状況に対して問題意識をもち、
作られたモノを適正な価格で継続的に取引することによって、生産者の持続的な生活向上を支える仕組みです。

これまでの一方的な資金援助は、援助する側の都合によって左右され、継続性に欠けるという問題点がありました。
それに対し、フェアトレードは、消費者が商品を購入することによって援助することができます。

南の国々との公平な貿易、フェアトレード運動は、ヨーロッパを中心に1960年代から本格的に広まり、現在では数千店舗の「第三世界ショップ」が世界中に開かれています。日本でもフェアトレードに取り組む団体やフェアトレード商品を扱うお店が増えてきています。



« 環境マネジメントシステム | 時事用語時事問題を楽しくマスター | MBA »



■好評の無料メールセミナーはこちら