時事用語時事問題 > 経済> フォワード取引

フォワード取引

フォワード取引とは先渡り取引と呼ばれます。

先渡り取引は、将来の時点で、予め定めた価格を用いて、ある商品を売買する約定をします。
先渡取引は現物決済が原則で、実際に現物の商品の受け渡しを行うため、
元本100%分の資金を必要とします。

長 所は
相対取引(取引条件は自由)であること。
取引対象、取引単位、決済期日などに制限なし。

短 所は
決済期日前に反対取引がしにくい(取引相手が見つからない)ことです。



« イスラム金融 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | スワップ取引 »



■好評の無料メールセミナーはこちら