時事用語時事問題 > 経済> ミニ保険

ミニ保険

ミニ保険とは、日常生活に潜む小さなリスクや社会問題に対応する保険のこと。
2006年4月の改正保険業法の影響で生まれた新しい保険業態。正式名称は少額短期保険業者。
死亡や大病、家や自動車といった、大きなリスクや出費に備える保険ではなく、小さなリスクやニッチなニーズにも対応している。
ミニ保険は、一般の保険会社の最低資本金が10億円以上に比べると最低資本金1千万円と低くなっており、その分設定できる保険も限られている。
保険金額の上限は、入院給付金で80万円、病気の死亡で300万円、障害の死亡で600万円、家財の損害が1千万円。保険期間も、生保型で1年、損保型で2年と少ない。保険金額や期間が少ないが、その分保険料も安くなっているのが特徴。
家財保険、ペット医療保険、葬儀保険、不使用チケット費用補償保険、など様々な保険がある。



« 白いエアドーム | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ドライ型ミスト »



■好評の無料メールセミナーはこちら