時事用語時事問題 > 経済> 住基ネット

住基ネット

【住基ネット】じゅうきねっと
各地方自治体が管理する住民基本台帳を電子化し、コンピュータネットワークを介して共有するシステム。

住基ネットは2002年8月5日にスタートしたシステムで、すべての国民の住民票に11桁のコード番号をつけて一元的に管理することにより、
行政サービスの合理化の推進や住民サービスの向上がはかられるとされている。
また、氏名・性別・生年月日・住所の4つの情報と、住民票コードをもって「本人確認情報」とし、
本人の居住関係を効率的に確認しようとするものです。
個人情報が大規模に漏洩する危険性もあることから、大阪高裁で個人情報の削除を認める判決がでました。
しかし、国の機関にはパスポート手続きをはじめとして、年間3000万件の情報が集まってきます。
そのため、住基ネットで個人情報を一元化することで、国、個人の双方での大きなコスト削減が可能になります。
大きな情報を扱い、活用することでメリットを得るためには、行政機関は徹底した情報管理に努めていくことが必要とされますね。



« PTSD | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 道路特定財源 »



■好評の無料メールセミナーはこちら