時事用語時事問題 > 経済> 日銀短観

日銀短観

【日銀短観】にちぎんたんかん
「全国企業短期経済観測調査」の略称で、日本銀行が年4回行う企業アンケートを もとにまとめた経済観測のこと。
アンケート調査 は2・5・8・11月に実施され、翌月に調査結果が発表されます。

ニュースでよく取り上げられているのは「業績判断」と呼ばれるもので、企業の経営者に経営状態を「良い」「さほど良くない」「悪い」の3つから選んでもらい、「良いと答えた企業の割合」-「悪いと答えた企業の割合」の推移で企業経営者の景気判断をみます。

前回は4月3日に発表され、前回調査より1ポイント下落でしたが、先行きの改善が予測されて、3日の日経平均株価は273円高となっていました!
景気は順調に回復していきそうな模様ですね。



« PSE法 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 量的緩和 »



■好評の無料メールセミナーはこちら