時事用語時事問題 > 経済> 緊急時企業存続計画(BCP)

緊急時企業存続計画(BCP)

緊急時企業存続計画(BCP)とは、地震、台風、集中豪雨、火災等の災害や、テロ、集団感染などの緊急時に、その会社の主たる業務を継続、または、速やかに復旧させるため、事前に分析を行い、顧客との取引や雇用を維持するための行動計画のこと。事業存続計画ともいう。
日本では毎年自然災害による被害が各地で起きている。規模の大きな企業では緊急時企業存続計画は浸透しつつあるが、中小企業では分析や対策を行うための時間や人の確保が難しいことから普及が難航している。中小企業では災害による事業の中断は廃業や倒産などの危機につながる可能性が高い。また、中小企業は国内企業の99%を占めているため地域経済や国経済に影響を及ぼす危険性がある。
こうしたことから、中小企業庁では自然災害や大火災等の緊急事態に備える企業の危機管理の新手法である「中小企業BCP策定運用指針」の公開を行っている。



« 緑色蛍光タンパク質(GFP) | 時事用語時事問題を楽しくマスター | シアン化合物 »



■好評の無料メールセミナーはこちら