時事用語時事問題 > 経済> 道路特定財源

道路特定財源

【道路特定財源】どうろとくていざいげん
自動車の利用者が道路の維持・整備費を負担する制度。

道路特定財源制度は、「受益者負担」という考えに基づいています。

これは、利益を受けている者が費用を負担するという考えで、道路を利用する、
つまり自動車の燃料を使った人や自動車を持っている人が、道路の建設・維持の費用を負担するという方法である。

この制度に基づき、自動車の取得や保有にかかる税金、ガソリン税などが道路をつくるための資金になります。

現在、2008年に、道路特定財源を一般財源化の仕組みをつくるという調整案が示されています。
今までの、自動車税がそのまま道路整備への財源となっていましたが、一般財源化すると、
政府の収入の中から道路への配分額が決まることになります。

しかし、一般財源化に反対の声もあります。

道路特定財源制度は、「受益者負担」ということで、税率は高く設定されています。
その税率のままで、一般財源に変更してしまうことは、受益者負担原則に反することではないかという声があります。
国民、政府の損得に広く関わる部分なので、今後の動向に注目していきたいと思います。



« 住基ネット | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ノロウイルス »



■好評の無料メールセミナーはこちら