時事用語時事問題 > 経済> NISA

NISA

NISA(ニーサ)とは、毎年100万円までの少額な投資に対して税金がかからない税制度のこと。
2014年1月に開始される予定。
2013年現在は投株式投資や投資信託にかかる値上がり益や配当金(分配金)に税金が10.147%かかっている。通常の投資については2014年から20.315%の税金がかかることになっている。ここに100万円までの非課税枠が追加される形となる。
NISAが導入される目的は、世帯あたりの貯蓄が減りつあるので、将来への備えとなる資産づくりの促進、経済成長のために家計の金融資産を有効活用することなどがある。
非課税となる期間は、2014年から2023年までの10年の中で最大5年間で、途中で売った場合は再利用できない。また、非課税枠を使っての投資総額は合計500万円までとなっている。



« コンビニ防犯ボックス | 時事用語時事問題を楽しくマスター | クリケットコンピュータ »



■好評の無料メールセミナーはこちら