時事用語時事問題 > 経済> NPO

NPO

NPOとは NonProfit Organization の略称で、ボランティア活動などの社会貢献活動を行う、営利を目的としない団体の総称。福祉、教育・文化、まちづくり、環境、国際協力など多様な分野で、社会の多様化したニーズに応じる重要な役割を果たすことが期待されてる。
NPO法人とは特定非営利活動促進法に基づき法人格を取得した特定非営利活動法人の一般的な総称。2008年6月現在34,941団体が法人として認められている。
NPOの法人制度は法人格を持たずに活動すると銀行口座の開設や事務所の賃借など活動に不都合が生じる場合があるためこれらを解決するために、NPO活動を促進することを目的として作られた仕組。
自由な法人運営を尊重し、情報公開を通じた市民の選択・監視を前提に所轄庁の関与が極力抑制された制度となっている。
NPO法人は非営利団体という特性から法人への課税は非課税のようなイメージがあるが、実際は国税、都道府県税、市町村税といった通常の法人に課せられるのと同じ種類の税金が課税される。ただし、適用について株式会社や営利法人の税制よりは優遇されていて、公益法人ほどには優遇はされていないといった中間的な位置にある。



« 放射線殺菌 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ドライアイス »



■好評の無料メールセミナーはこちら