時事用語時事問題 > 世界> クラスター爆弾

クラスター爆弾

航空機から投下されると、小型爆弾や地雷などを目標上空で散布、広範囲に被害を、およぼす爆弾。

クラスター爆弾は、子弾の運搬・散布を行ないます。

火薬もしくは、回転によって生まれる遠心力を利用して、散布範囲を広げるタイプも開発されているようです。
通常爆弾より1発当たりの殺傷力は劣りますが、広い範囲に分散した目標を、1度に破壊できるため、
飛行場や基地、散開した戦闘車両・トラック、歩兵などの攻撃に使用されます。

現在クラスター爆弾が国際社会で問題になっているのはクラスター爆弾が地雷のように不発弾化し、
民間人に被害を与えている点にあります。

50カ国近い国々がクラスター爆弾の廃絶に取り組んでいますが日本は慎重な立場を崩していません。
今後も広く議論されるのではないでしょうか。



« 簿記会計おすすめリンク集 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | サミット »



■好評の無料メールセミナーはこちら