時事用語時事問題 > 世界> ポリオプログラム

ポリオプログラム

ポリオプログラムとは、日本政府とビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団が行うポリオ撲滅のための仕組みのこと。
2011年10月24日の「世界ポリオ・デー」発表された。。
ポリオ(小児麻痺)は幼い子供が感染しやすい病気で、発熱があり、後遺症に手足の麻痺が残る。2011年現在、パキスタン、アフガニスタン、インド、ナイジェリアで特に流行している。
日本政府はポリオ撲滅のための資金を最大で50億円をパキスタン政府に貸付を行い、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団がワクチン接種事業で成果を出すことを条件に貸付金を返済する。これにより、パキスタン政府は事実上無償で支援を受けることができる。



« 標的型攻撃メール | 時事用語時事問題を楽しくマスター | エコタクシー »



■好評の無料メールセミナーはこちら