時事用語時事問題 > 世界> 京都議定書

京都議定書

【京都議定書】きょうとぎていしょ


地球温暖化の原因となる、温室効果ガスの一種である、二酸化炭素、メタン、亜酸化窒素、HFCs、PFCs、六フッ化硫黄について、先進国における削減率を1990年基準として各国別に定め、共同で約束期間内に目標を達成する約束です。

具体的な削減目標としては2008年~2012年の間に、日本マイナス6%、アメリカマイナス7%、EUマイナス8%と設定しています。

しかし日本は、2005年度には、温室効果ガスの排出量が、逆に8.1%増えてしまうという状況でこのままでは達成は難しい状況です。

産業部門では排出量は徐々に減っていますが事務所ビルや小売業といった業務部門と、家庭部門の排出量は伸びています。
2005年度の排出量は、90年比で、家庭部門37.4%増だそうです。

私たちの日々の生活で無駄遣いしているところを地道に見直すことが必要なのかなと思いました。



« 石見銀山 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | AFCアジア杯 »



■好評の無料メールセミナーはこちら