時事用語時事問題 > 世界> 緑色蛍光タンパク質(GFP)

緑色蛍光タンパク質(GFP)

緑色蛍光タンパク質とは、はオワンクラゲ持つ蛍光タンパク質のこと。1960年代に下村脩博士によってイクオリンとともに発見・分離精製された。発見者の下村脩博士は2008年にノーベル化学賞を受賞した。
蛍光タンパク質のほとんどは、タンパク質と他の発光化合物との複合体だが、GFPはタンパク質だけで自ら発光する特徴をもつため生体内で作り出せる。この特徴を生かして、緑色蛍光タンパク質を標識に使うことで、生きた細胞内で物質の動きを観察できるようになり、ガン細胞の研究など生命科学の研究に革命的な進歩をもたらした。



« プライベートブランド | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 緊急時企業存続計画(BCP) »



■好評の無料メールセミナーはこちら