時事用語時事問題 > 世界> OPEC

OPEC

【OPEC】おぺっく
石油輸出国機構のことで、Organization of the Petroleum Exporting Countriesの略称です。
産油国が自らの利益を守る目的で設立されました。

イラン、イラク、クウェート、サウジアラビア、ベネズエラの5カ国で1960年9月14日に設立されて、
現在は、UAE、アルジェリア、インドネシア、
カタール、ナイジェリア、リビアの6カ国を加えた11カ国が加盟しています。
本部はオーストリアのウィーンです。

OPECは共同して産油量を調整することで、原油価格の統制を図っていますが、今回、石油の減産を決定しました。

今年8月に1バレル=71ドル台に上昇した原油の平均価格は、今週、56ドル台まで下落したことから、
減産で下落に歯止めをかけようという動きが見えます。

原油価格の先行きには今後も目が離せないでしょう。



« 安保理 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 日本シリーズ »



■好評の無料メールセミナーはこちら