時事用語時事問題 > 法律> デジタル万引き

デジタル万引き

デジタル万引きとは、書籍や映像を購入することなく携帯電話やカメラなどで撮影し、情報を入手すること。
デジタル万引きは、電気通信事業者協会(TCA)と日本雑誌協会が作った造語である。
書籍を映像を撮影するだけでは犯罪にはならないが、書店や本を制作している出版社から見れば、必要な情報のみをお金を払わすに持っていく行為で利益につながらないため死活問題である。そこであえて「万引き」という犯罪を印象ずける言葉を使って問題を意識してもらうねらいがある。
情報を撮影しただけでは、今のところ犯罪には当たらないが、その情報を営利目的で使ったり、第三者に公開したりすれば著作権法違反などに問われるほか、店舗に「撮影禁止」などの張り紙がある場合は管理権の侵害にあたり、損害賠償の対象となることがある。



« 歩きスマホ | 時事用語時事問題を楽しくマスター | バックビルディング現象 »



■好評の無料メールセミナーはこちら