時事用語時事問題 > 法律> プリペイドカード法

プリペイドカード法

プリペイドカード法とは、「プリペイドカード」や「電子マネー」など前払のカードを発行する会社に対しての規制を定めた法律のこと。購入者の利益保護と、「プリペイドカード」や「電子マネー」に対しての信用の維持を目的としている。前払の前払式証票の規制等に関する法律の通称。
発行と提供が同じ自家発行型のカードに対しては内閣総理大臣に届け出義務を課される。クオカードのように様々な店舗で利用できるカード発行を行う第三者発行型に対しては、同じく内閣総理大臣への登録が必要となる。そして、未使用残高が1000万円を超えた場合は、カード会社は供託金として未使用残高の半額を供託所に預けなければならない。カード会社が倒産し、前払式証票が使用できなくなった場合は、所定の手続きを行うと購入者が預けたお金の一部は還付される。



« モスキート音 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ヤミ専従 »



■好評の無料メールセミナーはこちら