時事用語時事問題 > 法律> 三六協定

三六協定

残業の許容範囲を労使間で決め、過剰な残業に歯止めをかけるために締結。

会社が、法律で決められた労働時間を越えて労働者に仕事をさせる場合、
労働者と許容時間数や休日出勤の限度時間などを決めて労使協定を結ば
なければいけません。
そしてこの協定は労働基準監督署に届け出るよう義務付けられています。
協定を結ぶのは絶対で、なければ残業や休日出勤は認められていません。
派遣労働者の場合も同様で、派遣元との間で同じ協定が必要です。

今回問題となったグッドウィルは労使協定が期限切れだったようです。


大会社は多くの企業の手本となるようにコンプライアンスを果たして
ほしいですね。。



« ヘッジファンド | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 教育再生会議 »



■好評の無料メールセミナーはこちら