時事用語時事問題 > 法律> 弁護士バー

弁護士バー

弁護士バーとは、弁護士がバーテンダーとなり、客が弁護士と出会うきっかけを作るバーのこと。
東京都渋谷区道玄坂に「リーガルバー六法」という店名で2010年4月12日にオープン予定。
普段の生活で弁護士との出会や知り合いになる機会の少ない人たちに、気軽に弁護士と知り合いになるきっかけを作ることを目的としている。
弁護士バーの立ち上げは外岡潤弁護士と知人のシステム開発会社元役員の三上泰生氏と若手弁護士約10人が協力して行われている。
この試みに対して弁護士会から「弁護士でない者が報酬目的で、訴訟などの周旋(仲介)をすることを禁じた弁護士法に違反する疑いがある」との理由で開店を取りやめるよう警告があった。
これに対して、外岡弁護士は当初、バーで法律相談も視野に入れていたがそれを取りやめ、バーテンダーを務める弁護士は無報酬にする、客から法律相談を持ちかけられた場合は後日、場所を改めて行いバーで法律相談を受けることはしないなど、法に触れない配慮を行い開店準備を進め、予定通り2010年4月12日に開店する予定。



« ETC型 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ケタミン »



■好評の無料メールセミナーはこちら