時事用語時事問題 > 法律> 振り込め詐欺救済法

振り込め詐欺救済法

振り込め詐欺救済法とは、振り込め詐欺の被害者に対し被害回復分配金の支払い手続き等を定めた法律。
2007年12月に交付され、2008年6月21日に施行された。
振り込め詐欺には「オレオレ詐欺」、「架空請求」、「融資補償金詐欺」、「還付金詐欺」などの種類がある。2008年は「還付金詐欺」と呼ばれる税務署や社会保険事務所を騙り税金の還付を装い現金をだまし取る詐欺の被害が多かった。
振り込め詐欺救済法の適用を受け、分配を受け取るには振込先の金融機関への被害申請を行う必要がある。ただし、その時点で既に現金が引き出されている場合には分配が減額されるので、被害が発覚したらすぐに警察または振込先の金融機関に連絡をして、振込先の口座(犯罪に利用された口座)の利用停止を求めるようにする。



« 金融円滑化「大臣目安箱」 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 地球温暖化懐疑論 »



■好評の無料メールセミナーはこちら