時事用語時事問題 > 法律> 株券電子化

株券電子化

2009年1月実施を目標として準備が進められている株券の電子化(ペーパレス化)のこと。「社債、株式等の振替に関する法律」により、紙の株券を廃止して証券保管振替機構もしくは証券会社等の金融機関に開設された口座において電子的に管理が行われる。
株券が電子化されることによるメリットは、株主にとっては譲渡や保管の際のリスクの軽減や、売買の手続きの効率化などが期待できる。
発行会社にとっては株券の発行に伴う印紙税や株券の回収・交付のコスト削減、株券喪失登録手続きがなくなるなる、ということが期待できる。
逆にデメリットとして、自宅で保管されている株券を「タンス株」というが、この「タンス株」は株券電子化が実施される日までに株券を所有者本人の名義に書き換えておかないと、権利を失う恐れがある。
どういうことかというと、株券電子化が実施されると、まず、発行会社に「特別口座」が設定される。ここに移行日当日の株主名簿上の名義で株券が管理されることとなる。この名義と、実際の所有者が異なった場合は名義上の株主が勝手に株式を売却してしまうなどの危険があるということである。
また、株券電子化後は証券保管振替機構に預託していないと自由に売買が行えない。
この他、株券電子化実施後に名義の書き換えを行う場合は煩雑な手間がかかる。
なお、株券電子化実施前に名義を本人に書き換えておくか株券を証券保管振替期間に預託しておくと、このような事態が防ぐとこができる。
ただし、2008年7月の現状は、日本証券業協会と証券保管振替機構が7月7日発表した調査結果によると、一般家庭にある電子化されていない「タンス株」128億株あるとみられている。



« カーボンオフセット | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 環境モデル都市 »



■好評の無料メールセミナーはこちら