時事用語時事問題 > 法律> 火災報知器

火災報知器

火災報知器とは、火災が起きたことを消防機関に通報するための機器である。直接火災を感知して消防機関に通報するものと、人間が操作することにより火災を消防機関に通報するものがある。自動火災報知設備、住宅用火災警報器、火災報知設備がある。
このうち、住宅用火災報知器について、新築住宅については、平成18年6月1日から、既存住宅については各市町村条例により、平成20年6月1日~平成23年6月1日の間で設置が義務付けられることとなった。
 住宅用火災警報器は、住宅火災により死に至った原因の7割が「逃げ遅れ」ということから、早期に火災を気付かせるため、火災により発生する煙を感知し、警報(音や音声)を発するタイプのものが主流である。
ただし、広い家や、階数が多い家では、例えば3階で火災報知器が作動しても1階まで聞こえないなど問題点もある。



« 薬事法 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 現代の名工 »



■好評の無料メールセミナーはこちら