時事用語時事問題 > 法律> 特定秘密保護法案

特定秘密保護法案

特定秘密保護法案とは、防衛や外交、治安に関する機密情報の漏洩を防ぐための法案のこと。
もともと情報漏えいに関する法律と罰則は存在するが、特定秘密保護法案はその罰則をさらに厳しくしたものとなっている。
政府は「特定秘密保全法案」を秋の臨時国会に提出する。
国家公務員が「特別秘密」を漏らした場合には「10年以下の懲役」とするなどの内容で、年内発足を目指す国家安全保障会議(日本版NSC)を運用していく上で不可欠な法律と位置付けられている。
秘密保持は一般国民にも適用されるため、マスコミの取材・報道活動や、国民の知る権利が侵害されないかなど問題もある。



« 新型水虫 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | マララ・デー »



■好評の無料メールセミナーはこちら