時事用語時事問題 > 法律> 臓器移植法

臓器移植法

臓器移植法とは、臓器の移植についの基本理念を定め、臓器を死体から摘出すること、臓器売買等を禁止すること等につき必要な事項を規定した法律。1997年に成立した。
しかし、臓器提供は15歳以上で、本人の生前の意思と家族の同意が必要とされているため、15歳未満の子供は日本国内での移植は困難であった。そのため、多額の費用がかかる海外での移植を行うことを余儀なくされていたが、2009年5月に行われるWHOの総会で、臓器不正売買を目的に、海外渡航移植の原則禁止と臓器の自国内提供を定めるガイドラインを決議する見込みであることから、海外での移植も難しくなる可能性が高い。
臓器移植法成立時に、施行後3年をめどに、見直される予定であったが10年以上放置されいる。



« ラドン | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 登録販売者試験 »



■好評の無料メールセミナーはこちら