時事用語時事問題 > 法律> 自動車リサイクル法

自動車リサイクル法

【自動車リサイクル法】じどうしゃりさいくるほう
使用済みの自動車(廃車)から出る「エアバッグ」、「フロン」、「破砕くず」といった資源の回収とリサイクルを自動車メーカーと輸入業者に義務付けた法律。2005年1月1日から実施される。 

廃車のリサイクルは、環境問題や不法投棄問題とも関係するため、わたしたちの生活にも非常に深くかかわってくる問題です。
この廃材を、自動車を利用する者がコストを共通して負担することで、適正に処理し、リサイクルの度合いを高めよう、というのが法律の趣旨です。

ちなみに、気になる料金ですが、普通車ならだいたい1万円~1万8千円くらいだそうです。
詳しくは、各メーカーのホームページなどで、車種別に確認することが、必要のようですね。
支払い時期は、2005年1月1日以降に新車を購入する場合は、購入時ですが、すでに持っている場合は、最初の車検時、または車検前に廃棄す場合は廃棄の時だそうです。

全国で、7000万台以上の自動車が保有されているそうですから、それだけでも、徴収側である「自動車リサイクルセンター」は、合計1兆円程度の資金を手に入れることになるわけです。

…金と情報が集まるところには、十中八九、いろんな思惑がからみます(権力とか)。
そういう、世の中のしくみを、会計の専門家の立場から、何度も見てた者としては、ぜひ使い道をチェックしたい。心からそう思います。
だから、毎年、集めた金をちゃんと使っているのか、今後は、HPなどできちんと情報開示してもらいたいところですね。

こういうときは、決算書を読む知識を持っているほうが、だんぜん有利です。
「お金の法則(会計)を知らない人は、自覚なしに金を取られる。」
「知っている人は、自覚して金を資産の投資にまわす。だから金が増える。」

今年は、少し、お金の法則(会計)のことに興味を持ってみると、いいかもしれません。
よかったら、2005年を、あなたの「会計元年」にしませんか?

この不況時代に自己実現を達成するためのキーワードは、「自分への投資」です。
ともに、自分なりの目標達成を目指して、がんばりましょう。



« 内閣支持率 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | LLP »



■好評の無料メールセミナーはこちら