時事用語時事問題 > 法律> 裁判員制度

裁判員制度

【裁判員制度】さいばんいんせいど
一定の刑事裁判において、国民から事件ごとに選ばれた裁判員が裁判官と審理に参加する司法・裁判制度

裁判員制度は、
市民から無作為に選ばれた裁判員が裁判官と共に裁判を行う制度で、
国民が司法参加することで、
市民が持つ「日常感覚」「常識」などを裁判に反映することや、
裁判時間を短縮することを目的としています。

類似制度として陪審制・参審制があり、
陪審制はアメリカ、イギリス、
参審制はフランス、ドイツ、イタリアで行われています。

2009年(平成21年)5月に開始される予定です。
現在、国民の意識に裁判員制度を浸透させるため、
新聞広告、駅の広告でたまに取り上げられていますね。



« 改正タクシー業務適正化特別措置法 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 圏央道 »



■好評の無料メールセミナーはこちら