時事用語時事問題 > 法律> 金利のグレーゾーン

金利のグレーゾーン

【金利のグレーゾーン】
利息制限法と出資法の最高上限利息の間のこと

利息制限法では、利息の上限が10万円未満は20%、10万から100万円未満は18%、100万円以上は15%までと決まってます。
しかし、出資法では、上限が29.2%です。

利息制限法は上限の利息を超えるものは無効としていますが、罰則を設けていません。
しかし、出資法の、29.2%を超えると罰則があるので、消費者金融ではこの上限ギリギリに利息を設定しています。

しかし、最近ではグレーゾーンの廃止が本格化していきそうなので、金利が安くなるはずですが、消費者金融にとっては利益が減るので、審査基準やサービスなどにも大きく影響していくことが考えられます。



« 消費者金融 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ホールディングス »



■好評の無料メールセミナーはこちら