時事用語時事問題 > 法律> 電子記録債権法

電子記録債権法

電子記録債権法とは、事業者の資金調達の円滑化等を図ることを目的として、紙の手形に代わる決済手段として、手形や売掛債権を電子化し、取引をインターネットで行う際に適用される法律のこと。2008年(平成20年)12月1日に施行された。
従来の紙媒体での手形は保管にかかるコストや紛失のリスクがあり、また、売掛債権は発生原因の確認コストや二重譲渡リスクがあるため、流動性に乏しく、資金化に時間がかかる等の問題があった。これらの問題を受けて、流動性を高め、取引の安全、利用者保護を行い、電子記録の権利内容を明らかにするために制定された。



« SUGOCA | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 農商工連携 »



■好評の無料メールセミナーはこちら